×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英会話 英語耳 完成システム

英会話 12日間で英語耳完成システム

英語マジックリスニング 英語マジックリスニング

	

やっぱりすごかった!

================================================================ ■英語耳■    ■■英会話がある日突然聞き取れた■■ ■英語耳■ 12日間で英語耳できるシステム、音楽家が遂に完成 ■英語耳■  楽天市場で2000年ベストヒットアイテム1位受賞 ================================================================

英語と日本語では使用される周波数帯域の異なり

日本人は500〜1000ヘルツ前後の音(主に母音)に対しては敏感に 反応します。しかし、英語には、日本人には認知されにくい2000 ヘルツ以上、場合によっては1万ヘルツ以上の音が含まれているので そのあたりの周波数帯の音(子音)に対しては、なかなか敏感に 反応ができません。 *ヘルツ(hertz, 記号:Hz)とは、 国際単位系(SI)における周波数・振動数の単位

さらに詳しく言えば、

日本語では常に子音と母音が対になって音を 構成しており、子音は弱く曖昧に発音されるのに対し、母音が強く 長く発音されます。 そのため、日本人には母音ばかり選んで聞き取る癖があり、子音が 聞こえにくいのです。つまり、日本人にとって高周波の音(子音)は あまり使われない領域なので、実際に耳に入ってきても、無意識の うちに耳(正確には脳)が勝手に排除してしまっているのです。 だから、「日本人には聞こえない音がある」あるいは、「聴こえて いるはずなのに、認識できていない音がある」、と言えるわけです。

さらに恐ろしいことに、

我々は、英語を聞く時も、子音の後には必ず 母音がくっついてくる、と無意識に予測(日本語的予測)してしまいます。 そして子音だけで終わっている音の終わりに、本来無いはずの母音を 加え、英語本来の音を全く別の音に置き換えてしまいます。それに よって英語のリズムも把握できなくなってしまうのです。 ですから、日本人特有の音の聞き取りのクセ(周波数の問題、日本語 的予測)を治さない限り、いくら英語を聞いてもなかなか上達しません。 「単語も文法も覚えた、リスニングもトレーニングしているのに、いつ までたっても聞き取れない」という方々が多数いらっしゃいます。 それもそのはず、上記のような「日本語耳」のままでリスニングの練習を しても、ゆがんだメガネでモノを見ているのと同じで、なかなか上達しま せん。 聴覚をリセットしてやる必要があるのです。語学習得の天才と言われる 子供の耳(入ってきた音をそのまま捉える耳)にしてやる必要があるのです。 これらの問題をたった12日間で解決し、英語耳をつくるのがこの、 科学的聴覚トレーニングシステム、マジック・リスニングなのです。 製品には ≪ 無料体験版 ≫ がついていますので、試聴してみて気に入らな ければ ≪ 8日間以内返品可能 ≫ です。 ≪ 無料体験版 ≫ 申し込み

語学/スキルアップ


スキルアップ 情報リンク


≪ シリーズ ≫


【 支援サイト 】


オンラインスクールなら
スカイプでオンライン英語 スカイプでオンライン英語


≫ トップサイト

ジーアイテム / 特定商取引に関する法律に基づく表示 / rireki090129